国際学類 > 教員紹介 > 日本・日本語教育コース / 加藤 和夫 教授
日本・日本語教育コース
加藤 和夫 ( KATOH Kazuo )

研究領域
日本語学(方言学,社会言語学)

加藤和夫研究室ホームページ
加藤和夫研究室のブログ
金沢大学研究者情報

【研究内容やゼミの内容】
 加藤は,現代日本語を対象とした日本語学的研究と,その日本語教育への応用に関する研究,中でも,北陸方言を主な対象とした伝統方言の記述的研究や現代日本語及び方言の変容に関する社会言語学的研究を行っています。現在は,平成23(2011)~26(2014)年度科学研究費補助金(基盤研究(A))「方言分布変化の詳細解明―変動実態の把握と理論の検証・構築―」の研究分担者として,約35年前に調査した福井県若狭地方方言の分布について,その後の変化状況を明らかにするための経年調査を3年計画(約100地点)で実施中です。また,日頃の研究成果を一般の方に知っていただくために,2003年からMRO北陸放送ラジオで月1回15分程度,日本語や方言をテーマに話しているほか,「広報こまつ」での小松方言に関するコラムを1998年から連載中であり,2013年1月からは加藤の監修で「北國新聞」に週1回,方言の記事を連載中です。

 著書に,『どうなる日本のことば―方言と共通語のゆくえ―』(共著 大修館書店 1999),『お国ことばを知る 方言の地図帳』(共著 小学館 2002),『新 頑張りまっし金沢ことば』(監修 北國新聞社 2005)など20冊ほどがあり,ほかに学術論文約50編,その他80編ほどがあります。詳しくは,加藤和夫研究室ホームページの「加藤和夫の仕事」の「研究業績」を参照して下さい。

 金沢大学HPの「受験生」ページの中に,金沢大学のことを230のキーワードから調べられる「K-dictionary 金大百科」がありますが,「研究」メニューの最後に加藤が紹介されていますし(http://www.kanazawa-u.ac.jp/k-dictionary/pc/research/index.html),金沢大学広報誌「Acanthus」No.15(2009年8月号)の「【特集】探究心が支える情熱研究」p.10(http://www.kanazawa-u.ac.jp/university/acanthus/flash/15/_SWF_Window.html)に加藤が紹介されました。

 当研究室(ゼミ)は金沢大学人間社会学域国際学類日本・日本語教育コース及び大学院人間社会環境研究科国際学専攻日本語教育・日本文化研究コースに所属して日本語学(現代日本語)に関する教育・研究を行っています。

 ゼミ生の研究テーマは,加藤の専門分野である方言学,社会言語学に関するものを中心に,研究室ホームページの「研究室のなかまたち」に載せているゼミOB・OGの論文題目からわかるとおり,文法,敬語,語彙論,意味論,日本語教育,対照研究,国語教育など,現代日本語を対象として多方面にわたっています。

 現在,ゼミ生には,人間社会学域国際学類日本・日本語教育コース生,学校教育学類国語教育専修生,大学院人間社会環境研究科博士前期課程国際学専攻日本語教育・日本文化研究コースの大学院生,大学院研究生,そして,大学院・学類の短期留学プログラムによる特別聴講学生がいます。2013年度のゼミ生は,大学院(博士前期)6名,大学院短期留学生2名,大学院研究生1名,学類生13名,学類短期留学生3名の計25名で,週1回,大学院生の修士論文ゼミと学類生の卒業論文ゼミを別々に実施しています。また,ゼミ生やゼミOB・OGとの親睦を深めるために,毎年、夏には暑気払い(ビアガーデン),10月には修士論文・卒業論文の中間発表会を兼ねた1泊2日のゼミ合宿をやっています。

 ゼミの指導にあたっては,ゼミ生諸君の自主性を重んじ,研究テーマの決定から論文執筆まで,あくまでも助言者でありたいと思っています。手取り足取り式の指導を期待している人にはゼミに所属してほしくありません。何よりも,学生諸君の日本語に対する問題意識の深化と,そのための学問的方法論の指導を心がけています。日本語学的研究は,多くの場合,こつこつと長い時間をかけての資料収集と分析が要求される分野です。言葉に対して旺盛な好奇心を持ち,そういう努力を惜しまずにできる人であってほしいと思います。早くから研究テーマを絞り,関連する基本文献は3年生の内に読み終えるくらいの意気込みでいてくれることを希望します。大学院での指導を希望する日本人学生は言うまでもなく,特に留学希望者は,事前に大学院での研究希望テーマ・研究計画をしっかり立ててから連絡して下さい。学部で日本語学の基本的知識を十分身につけていて,卒業論文も日本語に関するものであることを原則とします。