日本・日本語教育コース

日本と日本語について深く学び,質の高い日本語教師や国際交流分野で活躍する人材を育成します。

 今日,世界の多くの国々で日本や日本語に関心を持つ人が増えており,それらについて深い知識とコミュニケーション能力を備えた質の高い日本語教師が求められています。「日本・日本語教育コース」は,国内外で活躍する日本語教師や国際的に活躍できる人材を養成するためのコースです。主専攻レベルの本格的な日本語教師養成カリキュラムを提供しているのは,日本海域の国立大学では金沢大学だけです。

コースの理念・教育目標

【日本と日本語について深い理解と知識を持つ国際人の育成】

 本コースでは,他のコースとも連携しつつ,グローバル化する現代社会をマクロな視点から理解し,外国語コミュニケーション能力を身につけるとともに,日本や日本語についても深い理解と知識を持った国際人(特に国内外の国際交流分野や日本語教師として活躍できる人材)を育てます。

【日本語教育の実践力養成を重視したカリキュラム】

 国際人としての基礎的素養を身につけ,英語を中心とした外国語コミュニケーション能力を重視するとともに,日本や自己のアイデンティティを大切にしながら異文化も受け入れる価値観や包容力を育てます。さらに日本の歴史・文化・社会や日本語・日本語教育に対する深い知識と高度な実践能力を身につけるためのカリキュラムによって,日本語教師を中心として国際交流分野で活躍できる人材の養成を目標としています。

教育内容

1年次:

 共通教育科目を中心に学域共通科目と学類共通科目を学びます。

2年次:

 学類共通科目の学類共通科目を中心に学ぶとともに,コース専門科目により日本語学や日本語教育学についての基礎的な知識を身につけます。

3・4年次:

 日本語教師養成(主専攻レベル)に必要とされる内容を軸とした専門科目を幅広く,深くかつ集中的に学びます。なかでも,「日本語教授法」「日本語教育実習」等の演習・実習科目を履修することで,日本語教育のより高度な実践能力を身につけます。また,希望者は留学生センターの日本語授業のティーチングアシスタントや地域のボランティアなどとして現場が体験でき,4年次には海外日本語教育実習の機会も用意されています。日本語教育能力検定試験に合格するための支援も受けられます。

コースの卒論についての情報は こちら

在学生の声

ジャンーリー パウィンさん

 このコースに入って、毎日楽しく勉強しています。日本人だけでなく、他の国の留学生たちも一緒に勉強し、授業の中で様々な意見が聞けます。また、国際的な観点から日本語教育を見ることができ、学ぶこともできるのがこのコースの特徴だと感じています。他のコースより、課題や実習的な科目が多いですが、みんなが助け合って活動しています。そして小さいコースのため、学生と先生も仲がよく、いい関係の中で学ぶことができます。

卒業後の進路

 国内外での日本語教師、国際交流分野担当の国家公務員・地方公務員、外資系企業や海外事業部を持つ日本企業、マスコミ、教員、大学院進学など

取得可能な資格

学士:国際学

資格:中学校教諭一種免許(国語、社会、英語)、高等学校教諭一種免許(国語、公民、英語)、日本語教育主専攻・副専攻相当資格

コース内履修システム

 1年次は共通教育科目を中心としながら、学類共通科目として「国際学入門」(2単位)と「日本文化」(2単位)を履修します。2年進学時に日本・日本語教育コースを選択した後は、2年次を中心とした(一部1年次にも)英語コミュニケーション科目(12単位)、国際社会系科目(10単位)、日本文化系科目(8単位)、さらに日本語学・日本語教育に関する基礎的科目を履修しながら、国際社会および日本社会への理解を広げていきます。さらに、3・4年次には、日本語教師養成に必要とされる内容(「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語」の5分野)の専門科目(講義、演習、実習)を希望するレベル(日本語教育主専攻相当50単位、同副専攻相当26単位)に合わせて履修することで日本語教師としての知識と技術を身につけ、同時に「日本研究演習」(4単位)を履修し卒業論文(6単位)を執筆して、日本・日本語教育コースでの学習を終えることになります。

コースの特徴的な科目

 本コースは国際学類の他コースと共通する科目(学域共通科目、英語コミュニケーション科目、国際社会系科目、日本文化系科目)以外に、外国人に日本語を指導する日本語教師養成を主目的としたコースとして、平成12年3月に文化庁・日本語教員の養成に関する調査協力者会議報告で示された「日本語教員養成において必要とされる教育内容」に準拠した多彩な科目(「社会・文化・地域」「言語と社会」「言語と心理」「言語と教育」「言語」の5分野)を、日本語教育主専攻相当資格(50単位)が取得できるように準備していることが特色です。主専攻相当の本格的な日本語教師養成カリキュラムを準備しているのは、日本海域の国立大学では金沢大学(本コース)だけです。日本文化、日本語学、日本語教育に関する基礎的な科目はもちろんのこと、日本語教師としての実践力を高めるための「日本語教授法」「日本語教育実習」等の科目も充実しています。希望者には海外教育実習も開講されていますし、市内の日本語学校や日本語教育機関でのインターンシップにも参加できます。また、外国籍年少者への教科・日本語支援活動や、留学生センターの日本語授業へのTAとしての参加など、多彩な実践的な活動の場が準備されています。

コース専門科目

 「日本語の意味」「日本語の文字・表記」「日本語文法(A・B)」「日本語史(A・B)」「日本語教育史」「第二言語習得論」「日本語教科書研究」「日本語教授法(A・B)」「日本語教育実習(A・B)」「日本語教育とコンピュータ」「日本語教育評価法」「異文化理解と心理」「音声学」「言語学概論(1・2)」「対照言語学」「社会言語学」「社会言語学実習」「認知言語学」「日本研究演習(A・B)」など

教員からのメッセージ

 日本・日本語教育コースでは、「国際」という文脈で、日本や日本語、そして外国人に日本語を教える日本語教育を学ぶコースです。卒業生は、一般企業はもちろん、日本語教師として、または、公務員として国際交流のセクションなどで活躍しています。コースの授業は実践的な内容が多く、留学生との交流機会もたいへん多いので、コースの学生同士仲が良く、皆、生き生き過ごしています。新しい学生の皆さんをお迎えすることをお待ちしています。

日本・日本語教育コース 深澤のぞみ教授