国際社会コース

国際社会をマクロな視点から理解し,活躍できる能力を鍛えます。

 グローバル化する現代社会をマクロな視点から的確に理解し,その中で活躍できる人材育成をめざす ―それが「国際社会コース」です。国際政治・経済・法律・歴史・文化についての学習を通じて現代社会に関する理解力や国際的視野,コミュニケーション能力を身につけ,国際社会の多くの分野で活躍できる人材を育てます。

コースの理念・教育目標

【グローバル社会で活躍できる人材の育成】

 他の各コースにおける地域研究と連携しつつ,グローバル化する現代社会をマクロ的な視点から的確に理解し,その中で活躍する人材を育成すること,これが本コースの理念であり,目標です。この理念・目標は,国際社会に対して私たちがどのように貢献していくべきかという課題を担うものであり,今後ますます存在意義は高まっていくと考えられます。

【多様な分野を広角度にとらえるカリキュラムを提供】

 国際社会を的確に理解するための基礎知識を習得した後,英語などのコミュニケーション能力を向上させながら,他方で,国際政治・経済・法律・歴史・文化などの諸科目をより深く,かつ多面的に学びます。これらの総合的・多面的な学習によって国際的視野を広げ,国際コミュニケーション能力を必要とする多くの職業分野で活躍できる人材を養成していきます。

教育内容

1年次:

学域共通科目と学類共通科目の履修を通して,「国際学類」としてのもっとも基礎的な素養を身につけます。

2年次:

学類共通科目の履修を通して,「国際社会コース」としての素養を積み,国際社会の理解を広げていきます。

3・4年次:

コア科目・展開科目を深く,かつ集中的に学ぶことによって,国際社会への自主的な探求心を養います。さらに演習と卒業論文で,「国際社会コース」の学習を完結します。

コースの卒論についての情報は こちら

在学生の声

大家裕貴さん

 国際社会を理解するためには、言語習得によるコミュニケーション能力の向上とともに、世界各地の歴史・法律・文化などのそれぞれの地域の事情を深く理解することが欠かせません。国際社会コースでは、充実したカリキュラムでこれらのことを学ことができます。この分野は、非常に多岐にわたっており、学習者のやる気次第でどこまでも追求していくことが出来る分野だと思います。また、特定の地域に関する事柄も他コースとの交流でより深く追求することが可能です。この分野に関心を持っている方は、ぜひ様々な事象に興味をもって学習に取り組んでください。

廣田凜々子さん

 『国際社会』という名の通り、このコースでは国際問題から国際経済、政治や地理など様々な分野が該当します。世界という膨大な範囲を対象とするのですから、自分が何に興味があって、何を学びたいのかを探究していくことが大切です。マクロな視点から世界を考える、無限にテーマを見つけられる、そんなコースです。また、留学生とのつながりも大事にしていることも魅力の1つだと思います。海外留学を考える学生も多く、まさにインターナショナルなコースですが、どんな「国際的な」学生生活を送るかはすべて自分次第です。Everything is up to you!!

卒業後の進路

 外務・対外援助機関、行政機関一般、外資系企業や海外事業部を持つ日本企業、NGOや国際的NPO、マスコミ、教員、大学院進学、大学院を経て国際機関や渉外弁護士、等。

取得可能な資格

学士:国際学

資格:中学校教諭一種免許(国語、社会、英語)、高等学校教諭一種免許(国語、公民、英語)、日本語教育副専攻相当資格、通訳ガイド(通訳案内士)(国家試験合格を経て)、通訳士(通訳技能検定合格を経て)

コース内履修システム

 1年前・後期に学類共通科目として「国際学入門」(2単位)と「日本文化」(2単位)を履修し)、国際学類のもっとも基礎的な素養を身に付けます。2年進学時に国際社会コースを選択した後、おもに2年次に英語コミュニケーション系(12単位)、国際社会系(10単位)、日本文化系(8単位)を履修し、さらに国際社会の理解を広げていきます。また、おもに3~4年次には、英語以外の語学力をも向上させながら(8単位)、国際社会コースのコース・コア科目と展開科目の履修(38単位以上)によって、国際社会の理解を深め、自主的な探求心を養います。そして最後は、演習(4単位)と卒業論文(6単位)で国際社会コースの学習を完結します。なお、海外語学研修と短期海外留学のプログラムは、本コースの特定の科目に読替可能です。

コースの特徴的な科目

  • 国際関係論…主として第2次大戦後の現代の国際政治状況を、主要国・地域と日本に焦点をあてて概説する。
  • 世界システム論…国家間の角逐、企業間の国際競争、イデオロギーの発信と受容という政治・経済・文化の3次元から世界をシステムとして分析する。
  • 国際コミュニケーション論…情報リテラシーを身につけ、世界を分析し、国際コミュニケーション論の立場から世界を再構築する。
  • 比較政治学…授業は主に英語で行う。民主主義国5カ国(イギリス、フランス、日本、アメリカ、ドイツ)の政治体制、政治、経済発展等を分析し、それぞれの特殊性と共通性を評価する。

コース専門科目

 国際政治史、国際関係論、比較政治学、国際協力論、国際経済学、世界システム論、国際貿易論、国際金融論、比較経済体制論、国際公共経済論、国際コミュニケーション論、異文化理解、多文化主議論、世界地誌、マス・メディアと国際コミュニケーション

教員からのメッセージ

 私はこれまで、米国、スウェーデン、そして日本で生活してきました。神戸大学で日米関係史を研究し、政治学博士号をとりました。こうした経験と研究から、同じ出来事に対する物の見方や考え方は、住む国によって大きく異なるということを学びました。政治・社会問題や文化的の相違を理解できれば、現実の認識が大きく変わります。国際政治を勉強すれば、グローバル化された21世紀において不可欠な世界観を養うことにつながると信じています。

国際社会コース アンドリュー・ビートン准教授