ヨーロッパコース

多様なヨーロッパを多面的に学び,真の国際感覚を養います。

 さまざまな価値観が共存し,ますます複雑化する現代社会。多様な民族で構成され,社会や文化のあり方も多様なヨーロッパ世界の理解が大きな意味をもってきます。そこでヨーロッパの言語・文化・政治・経済・歴史などを多面的に学び,グローバル社会で活躍できる国際人の養成をめざしています。

コースの理念・教育目標

【ヨーロッパへの関心を原点とする国際人の育成】

 本コースでは,ヨーロッパへの関心を軸に,純粋な外国語の運用能力だけではなく,相手を理解し,状況に応じて対話し,共に創造していく能力,自分で課題を見つけ解決していく能力,世界情勢を複眼的に見る能力を持った人,つまり真に国際的感覚にあふれた人材を育てていきます。

【生きたヨーロッパ世界との交流を重視する教育】

 外国語のコミュニケーション能力,国際社会を理解するための基本的な知識と方法,そして日本の歴史・社会・文化についての理解を深めた上で,ヨーロッパについてさらに専門的に学びます。また,さまざまな機会(語学研修,短期留学,留学生との交流など)を通じて国際感覚を磨いていきます。

教育内容

【共通科目と選択的履修の組み合わせ】

 共通教育科目に加えて,学類共通の実践的な英語科目を履修し,同時に,国際社会系と日本文化系の基礎的な科目を選択的に履修します。

【専門科目と専門外国語の選択履修】

 基礎的な理解を深める科目を履修した後,各コースの専門科目と専門外国語(フランス語,ドイツ語,スペイン語)を選択履修します。専門科目では,「西洋近・現代史概説」「現代ヨーロッパ社会論」「ヨーロッパの宗教」などの基礎的科目を学んだ後,より専門的な関連科目を学び,ヨーロッパ社会についての理解を深めます。また,現実のヨーロッパ社会を実感するために,語学研修や短期留学制度を整えています。最終的にはそれらの学習や体験の成果をまとめ,卒業論文に仕上げます。

コースの卒論についての情報は こちら

在学生の声

廣瀬千春さん(3年)

 わたしはヨーロッパコースに所属し、今はフランス語やスペイン語、そしてそれぞれの国の文学や美術についても学んでいます。このように、ヨーロッパコースでは、ヨーロッパの言語はもちろん、文化、文学、芸術などについても幅広く学びます。これはヨーロッパの国々について深く知るとともに、ヨーロッパ的視点から、その外の世界を捉えることにも繋がります。

 "ヨーロッパについて学ぶ"といっても、ヨーロッパにはたくさんの国があり、国によって言語も文化も歴史も異なるので、得られる知識もさまざまであるように思われます。しかしある日突然、そんな知識同士の共通点が見つかったり、一つに結び付いたりします。 このような発見は自分の知識を深めるだけでなく、多角的な視野や新たな分野への興味関心を与えてくれます。ヨーロッパコースは、「世界は繋がっている」という事実を直に感じさせてくれるものだと思います。

矢内るいさん(2年)

 近代から現代に至るまで日本が模範としてきたヨーロッパ諸国の文化。それを形成する土台となった歴史背景。今や日本経済だけでなく世界経済にも多大な影響を及ぼしているユーロ問題。ヨーロッパコースでは、そういったヨーロッパ諸国の今昔や日本との関係について知識を得ることができます。アジアの時代と言われつつある現在、今更ヨーロッパ?と思う人もいるでしょうが、やはりヨーロッパはそれまで成功も失敗も多く経験してきた先進国大陸であり、日本人が憧れる地でもあります。社会面などが未だ不安定な日本が見習うべき点は沢山あります。また、学内にはヨーロッパから勉強にやって来る留学生も多いので、彼らから直接に文化習慣や“現代ヨーロッパ”の感覚を聞くことも出来ます。

 一口にヨーロッパと言っても、それぞれの国は文化も言語も抱えている問題も違うので、研究するものはそれこそ数えきれないほどありますから、沢山の素材から自分の興味・関心に従って選択して調べることができます。私自身はドイツ語を履修しており、関心のある北欧(とくにスウェーデン)の社会について調べてながら、日本が参考にできるような点を探していけたらと思っています。

卒業後の進路

 大学院、外務・対外援助機関、行政機関一般および各種外郭団体・財団、外資系企業や海外事業部を持つ日本企業、旅行会社、マスコミ、NGOや国際的NPO、教員など。

取得可能な資格

学士:国際学

資格:中学校教諭一種免許(国語、社会、英語)、高等学校教諭一種免許(国語、公民、英語)、日本語教育副専攻相当資格、通訳ガイド(通訳案内士)(国家試験合格を経て)、通訳士(通訳技能検定合格を経て)

コース内履修システム

 1年次には、共通科目と学域共通科目、そして「国際学入門」を学びます。2年次には、学類の基礎科目(コース専門言語を含む)を中心に学びますが、夏休み等に短期の語学研修(英語やその他の言語)を強く勧めたいと思います。また、「ヨーロッパ圏理解Ⅰ」においてゼミ形式で学ぶことにより、地域研究への高い動機付けを目指します。3年次には、専門性の高い科目(コース専門科目)が中心になりますが、「ヨーロッパ圏理解Ⅱ」において地域研究の深化を図ります。そして、意欲のある学生には短期(半年・一年)の留学を指導していきます。最終学年では、卒業論文を見据えてさらにコース専門科目をとります。卒業論文については「ヨーロッパ研究演習」等で丁寧に指導していきます。

コースの特徴的な科目

 ヨーロッパおよびその周辺地域の社会・人間・文化について、2・3年次にゼミナール形式で学びます(「ヨーロッパ圏理解III」)。「現代ヨーロッパ社会論」(2年・3年)では現代のヨーロッパが持つ様々な問題について総合的に学びます。また、「ヨーロッパ生活論」(3・4年)では外国人スタッフからヨーロッパの生活について学びます。

コース専門科目

 その他に西洋近・現代史概説、西洋経済史、社会思想史、ヨーロッパ経済統合論、ヨーロッパの宗教、美術史、音楽史(西洋音楽)、ヨーロッパ研究特論、ドイツ語コミュニケーション、フランス語コミュニケーション、スペイン語コミュニケーションなど。

教員からのメッセージ

 ヨーロッパは長い歴史と文化をもつ地域です。現代の国際社会が形作られる基になった思想や仕組みが生まれてきたところでもあります。世界の人たちとコミュニケーションをとり、世界のさまざまな社会のあり方を深く理解するためには、結局ヨーロッパについてよく勉強することが不可欠なのです。ヨーロッパコースではフランス語、ドイツ語、スペイン語などの学習とも繋がったさまざまな興味深い授業をご用意しています。

ヨーロッパコース 粕谷雄一教授