アジアコース

多様なアジアを学び,相互理解に基づく国際交流を深めます。

 政治,経済,文化のあらゆる分野で,日本と近隣アジア諸国との関係はますます深まり,多様なアジアについて学び,理解することがきわめて大切な時代になっています。そこで「アジアコース」では英語,中国語,朝鮮語などを修得してコミュニケーション能力を養い,相互理解を前提とした国際交流や民間外交の推進に役立つ人材を育成します。

コースの理念・教育目標

【アジアの多様性を学び理解する教育】

 多文化・多民族社会を核とするアジアの多様性を理解することが第1の目標です。さらに,グローバル化が進展する現代世界において,東アジアの一国である日本の役割について考えていく必要があります。本コースでは,東アジア近隣諸国との国際理解や国際交流において日本が果たす役割の重要性を認識し,世界に通用する人材育成をめざします。

【英語やアジア諸言語の運用能力の高い人材育成】

 今後は,世界,アジア,日本の関係について深い知識を備え,同時に,英語だけでなく中国語や朝鮮語のコミュニケーション能力をもつ人材の育成が不可欠です。そこで,英語や中国語,朝鮮語などを使って国際業務を遂行し,近隣諸国との友好関係の発展に役立つ能力を培っていきます。

教育内容

1・2年次:

 共通教育科目として既習の英語,未習の中国語,朝鮮語などを選択し,その他の共通科目を修得します。また,専門基礎科目として国際学入門や日本文化,異文化理解などの特色ある科目を3年次までに修得します。なお,2年次か3年次の夏休みや学期中を利用して海外での語学研修に参加すれば,これらは専門の語学単位として認定されます。環日本海地域論や現代中国論などの専門科目を修得します。

3・4年次:

 東アジア国際交流史や東南アジア研究などの専門科目を引き続き履修し,同時に学類共通専門科目としての多文化主義論や比較経済体制論などを修得します。また演習科目や卒業論文などにも取り組み,英語とアジアの言語を駆使する国際人となる能力を身につけます。

 コースの卒論についての情報は こちら

在学生の声

中田愛梨さん

 私は2年生の夏に北京へ1か月間の語学研修へ行きました。私にとって初めての海外でしたが、北京では私たちと同じ顔立ちをした人々が全く違う言語を話し、異なった習慣を持って生活していました。日本はアジアの一国であり、なかでも中国は地理的にも文化的にも最も近いといえる国です。以前から中国について興味はあったのですが、自分が持っている知識は思ったよりずっと少ないと感じたし、今も変化し続け、様々な顔を持つこの国についてもっと知りたいという気持ちが強くなりました。これから中国を中心に、身近なアジアの国々への理解を更に深めていきたいと思っていますし、同時にもっと自分の中国語のレベルを上げて言葉の壁をなくすこともめざしています。

青木将裕さん

 僕たち,アジアコースの学生は,グローバル化が進んでいる世界の中でも多種多様な文化が存在しているアジアの地域研究をしています。日々の講義ではもちろんのこと,留学を通して中国語や朝鮮語の語学力をつけます。今や経済的にも政治的にも大国となりつつある中国や韓国を拠点として外資系企業やアジアに展開している日本企業で将来活躍したいなら,語学力やアジアに対する経済,歴史,文化,社会制度への包括的な理解は必須です。僕たちと一緒に,日本と密接な関係にある,最も近い世界,アジアを学びましょう!

卒業後の進路

 中国や韓国を拠点とする外資系企業、アジアに海外事業部を持つ日本企業、旅行会社、地方公務員、国家公務員、国際的な事業に関連したNGO,NPO、マスコミ、教員、国内外での大学院進学など。

取得可能な資格

学士:国際学

資格:中学校教諭一種免許(国語、社会、英語)、高等学校教諭一種免許(国語、公民、英語)、日本語教育副専攻相当資格、通訳ガイド(通訳案内士)(国家試験合格を経て)、通訳士(通訳技能検定合格を経て)

コース内履修システム

 1,2年次は人間社会学域の他の学類や同じ国際学類の他コースの学生と一緒に学ぶことで、広い教養を身につけますが、2年の後半から3,4年次にかけては、アジアコースを選択することで、比較少人数の専門的な学習や研究が可能になります。

コースの特徴的な科目

  • 環日本海地域論(2年次)環日本海地域の諸問題を地域と国際関係の視点から学ぶ。
  • 東アジア社会情報論(2年次)東アジア社会における情報のあり方を日本、中国、韓国、北朝鮮など具体的な社会に即して学ぶ。
  • 東アジア国際交流史(3・4年次)歴史的な視点から東アジアの国際交流史を学ぶ。
  • イスラム社会論(3・4年次)イスラム社会の共通性と異質性を理解する。
  • 在日朝鮮人研究(3・4年次)日本社会の国際化のあり方を問うものとしての在日朝鮮人を研究する

コース専門科目

 東洋史概論、現代中国論、東アジア思想論、アジア経済史、東南アジア研究、南アジア文化論、西アジア論、西アジア文化論、現代中国文学、南北朝鮮比較研究、日中文化比較論、仏教文化論、中国語コミュニケーションI・II、朝鮮語コミュニケーションI・II

教員からのメッセージ

 私たちアジアコースの教員は、学生の皆さんの自主性と積極性を重視します。「自主性」とは、自ら進んで勉強する姿勢です。学生の皆さんには、教員から与えられた課題だけを片付けていくという受動的な姿勢ではなく、自分の学習メニューを自分で設定していくという能動的なアプローチを期待します。「積極性」とは、アジア各地へ足を運ぶフットワークの軽さです。在学中は、アジアについて教科書を読んで学ぶだけではなく、積極的に現地を見に行ってください。短期の旅行から長期の留学まで、いろいろな体験を通じて、本当のアジアを捉えてほしいと願います。

アジアコース 弁納才一教授