教員紹介

国際社会コース / 中野 涼子 准教授

国際社会コース
中野 涼子 ( Nakano, Ryoko )

研究領域
国際関係論、近現代の国際関係思想(東アジア、日本を中心に)

Nakano Ryoko
中野 涼子Academia

【研究内容やゼミの内容】

 自分の考えがくつがえることってありませんか? 私にはあります。堅苦しいと思っていた人が意外に面白かった、あるいは、難しいと思っていた学問が自分の得意科目になった、などという経験です。こうした驚きを体験するのは、事柄の部分的な理解が変化したためです。別の側面を知ったり、ほかの角度から見たりすることで、最初の印象が変わるのです。
 国際関係においても、見方を変えることで、感じ方が変わることがあります。非合理と思われる国家の行動も、その背後にある政治、経済、社会の構造を知ることで、理に適ったものであると理解できる、といったことです。現代の国際社会は、グローバル化を伴ってますます多極的、多元的になったため、複合的に物事を見る能力がこれまで以上に求められています。
 私のゼミでは、そうした能力を養うために国際関係の理論(見方・考え方)を習得しながら、特に、アジア太平洋や日本に関係する国際社会の様々な問題について理解を深めます。国際、地域、日本という、3つのレベルにおいて、以下の問いを一緒に考えましょう。
1.国際システム―現在ある国際システムはどのように構築され、それはどう変容してきたのか。
2.アジア太平洋地域―現在の国際システムの中で重要な位置を占める本地域の国際関係はどう形成され、その特徴はどう説明できるか。
3.日本の視点―独自の歴史的経緯と外交政策を持つ国として多く語られてきた日本にとって、国際社会はどう映るのか。どのような役割が日本に期待されるのか。

【研究の内容】

 私の研究は、国際社会における正義に関連するものです。正義とは何でしょう? 国際社会において正義を一元的に定義するのは困難です。現在ある国境の変更を求める国家は自らの正義認識に基づいて領土権を主張しているでしょうし、テロリストたちも自分たちに正義ありと考えて行動しているはずです。人権保護という一見、普遍的な価値に思われることでも、国家によってその実践レベルは異なっています。また、ある正義を求めることで現存の秩序を乱すことだってあります。正義と秩序の論理にどう折り合いをつけるかは、グローバル化が進む国際社会において大きな課題です。

この課題について、私は時代や問題領域にとらわれずに考えてきました。例を挙げると、
・20世紀前半、国際システムにおける不平等性(植民地支配、西洋中心の国際システム)に関連して正義の問題を考えていた日本知識人の思想
・東アジアにおける人権規範の受容と実際の政策
・日米安保の不平等性
・多極化する世界での歴史認識をめぐる正義

になります。19世紀後半から現代にかけての思想から現状分析まで、様々な問題について取り組んできました。その成果の代表的なものを、以下にあげておきます。

【出版物 / Publication】

Beyond the Western Liberal Order: Yanaihara Tadao and Empire as Society (Palgrave Macmillan, 2013). http://us.macmillan.com/beyondthewesternliberalorder/RyokoNakano

"Sino-Japanese Territorial Dispute and the Perception of Threat and Power Transition", The Pacific Review, March 2015 (Online): available at:
http://www.tandfonline.com/doi/full/10.1080/09512748.2015.1013493#abstract

"Nostalgic Asianism in Postwar Japan: The TV Drama Kaiketsu Harimau", Electronic Journal of Contemporary Japanese Studies, Vol. 14, No. 1. March 2014: available at:
http://www.japanesestudies.org.uk/ejcjs/vol14/iss1/nakano.html

"Global Norm Diffusion in East Asia: How China and Japan Implement the Responsibility to Protect” (co-written with Jochen Prantl), International Relations, Vol. 25, No. 2. June 2011, pp. 204-223.

"'Pre-History' of International Relations in Japan: Yanaihara Tadao’s Dual Perspective of Empire", Millennium: Journal of International Studies. Vol. 35, No. 2. March 2007: pp. 301-319.

“Uncovering Shokumin: Yanaihara Tadao’s Concept of Global Civil Society". Social Science Japan Journal. Vol. 9, No. 2. October 2006, pp. 187-202.

「シンガポールにおける日本占領の記憶」 (『記憶の共有を目指して』行路社, 2015年)

英文で詳しく:Nakano Ryoko
中野 涼子Academia